2009年05月06日

新型インフルエンザが日本中に広がったら!

「東京都」というのは日本の中で別物ですか?
地方に住んでる者のひがみみたいですが、
なんでも東京!東京!といって
1番お金かけてるみたいな気がするけど、
↓の記事読んであきれ返ってますちっ(怒った顔)

新型インフルエンザへの対応で東京都が、
検疫後に感染の疑い」症状がある人を把握しているにもかかわらず、
感染症法で定められた国への届け出をしていないことが5日、
分かった。一般への情報公開もしていない。

 都では「実害が出ない体制を整えている」としている。
「疑い」段階で積極的な情報公開をしている
厚生労働省の対応と異なる対応で、
届け出や情報公開のあり在り方をめぐって波紋を呼びそうだ。

 厚労省はメキシコ、米国、カナダから帰国・来日した人が、
検疫や入国後の簡易検査で「陽性」となった場合、
届け出を義務づけるとともに、「疑い例」などとして発表している。

 同じ飛行機の搭乗者に注意を促すとともに、
社会への注意喚起の目的がある。
5日未明までに5人の情報公表があり、
いずれも後に「陰性」が確認された。

 しかし、都では▽人口が多く
「疑い例」段階で公表すると対象が多すぎて無用な混乱を招く
▽都の施設で6時間程度で感染の有無が確認でき、
国への届け出は感染が確認されてからでも時間に大差はない
▽該当者と行動をともにした人に注意を促すなどの
初期行動は進めており実害はない−といった理由から、
国への届け出と情報公開を見送っている。
すでに「数人」が対象になったという。

東京が1番海外帰国者が日本で多いんじゃないですか!
もし、新型インフルエンザが広まったら
それは東京都のせいですね!

posted by ナナマミー at 15:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: